アトピー性皮膚炎の治療の工夫

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、特徴的な分布を示す痒みのある湿疹であり、良くなったり悪くなったりを繰り返します。フィラグリンという遺伝子の異常が発症に関与していると考えられおり、生まれつき肌の弱い方に起きる特徴的な皮膚炎であると言えます。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療には3つの柱があります。

  1. 原因・悪化因子の同定と対策
  2. スキンケア(保湿)
  3. 薬物療法

以下それぞれのポイントを説明します。

原因・悪化因子の同定と対策

原因・悪化因子にはいろいろなものがありますが、とにかく皮膚をきれいに保つことが大切です。具体的には優しく洗って清潔にします(こすったり熱いお湯につけたりして皮膚にダメージを与えてはいけません)。ストレスを避けることp、乳幼児では食物アレルギーの可能性に注意することも大切です。

スキンケア

保湿です。アトピーの症状が良くても悪くても、保湿を習慣化することが大切です。保湿剤にはいろいろな種類がありますから、使うのが楽しくなるような、ご自身にあった保湿剤を選ぶことが大切です。当院ではそのお手伝いをしています。

薬物療法

外用薬(ステロイドとプロトピック)と内服薬(かゆみ止めの飲み薬)を組み合わせることが大切です。外用薬は必要最低限の強さのものを使うこと、いきなりやめずに徐々にやめていくことがキモです。内服薬は眠くならないもの、1日1回のものなど副作用や使い勝手によって選んでいきます。

アトピー性皮膚炎の治療を成功させる秘訣

超重症のアトピーでは特別な治療が必要になりますが、現実にはその数は多くはありません。普通に治療を続ければ確実によくなるようなケースがほとんどです。しかし日常ではその治療がうまくいっていないこともまれではありません。その理由を端的に言えば、やるべき治療を確実に継続できていないということに尽きています。アトピー性皮膚炎は難しい病気ではありません。やるべきことを確実に続けられるか、治療の成否はほとんどそれに尽きているように思います。

問題はなぜ継続できないのか?という点にあると思っています。治療の意味を理解して頂くための説明が不足していたり、続けやすい方法を根気よく見つけていくサポートが不足しているのかもしれません。当院(志木ファミリークリニック)では、やるべきことをできるだけ簡単に習慣化して頂けることい主眼をおいて診療をしていきたいと思っています。

受診方法

アトピー性皮膚炎でお悩みの方はお気軽に志木ファミリークリニックにご相談下さい。 お電話(048-487-7681)またはクリニック窓口にて予約をお受けしております。

コメント

error:Alert: Content is protected !!