体調不良などで通院困難な場合は往診可能です。
お電話(048-487-7681)またはフォームでお問合せ下さい。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活に様々な生涯を引き起こす疾患です。ご自身やご家族の中に以下のような症状の方はいらっしゃいませんか?

◇ 主な症状 ◇ 

    • いびきをかく
    • いびきが止まり、少しすると大きな呼吸と共に再びいびきをかきはじめる
    • 寝汗をかく
    • 寝相が悪い
    • 何度もトイレに起きる
    • 朝起きたときに頭痛がする
    • 倦怠感
    • 日中の眠気
    • 集中力の欠如
    • 高血圧である
    • 肥満の傾向がある


睡眠中に10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上みられる状態であれば睡眠時無呼吸症候群といえます。
放っておくと不整脈を起こしたり、心不全の原因となります。


これらの症状が酷くなり、1時間あたりの無呼吸が20回以上に達するような中等症~重症になると寿命が短くなり、7~8年後には20~30%の人が死亡すると報告されています。死亡原因の多くは心筋梗塞や脳梗塞です。当てはまる方は当院で是非一度検査を受けてみませんか?

◇ 睡眠時無呼吸症候群の検査とは ◇

睡眠中の無呼吸の有無や重症度、睡眠の深さなどを調べる終夜睡眠ポリグラフ検査を行います。この検査には呼吸状態を調べる簡易検査と睡眠状態(脳波)を同時に調べる精密検査があります。何種類かのセンセーを付けますが、痛みはありません。

◇ 睡眠時無呼吸症候群の治療 ◇

当院では検査結果に基づき、CPAP(シーパップ)と呼ばれる治療法を行います。

これは鼻にマスクを付けて咽喉に空気を送り込み、咽喉が塞がらないようにするもっとも確実な治療方法です。

◇ ご自宅でのセルフケア ◇

少しでも症状を改善するために以下の生活習慣にも気をつけてみましょう。

・肥満の方は食事療法や運動を行い、減量に励みましょう。痩せるだけで無呼吸が軽くなります。
・アルコールは気道の筋力を低下させ、無呼吸を悪化させるため、寝酒はやめましょう
・タバコは気道炎症を起こし、症状を悪化させます
・寝るときには横向きに寝ることも有効です