体調不良などで通院困難な場合は往診可能です。
お電話(048-487-7681)またはフォームでお問合せ下さい。

エピペン(アナフィラキシー)

アナフィラキシーとは短時間に全身に現れる激しい急性のアレルギー反応です。アレルギーの原因物質(アレルゲン)に接触したり、摂取したりすると、アナフィラキシーが起きることがあります。

主な原因(アレルゲン)には以下のようなものがあります。

  • 食べ物(卵、牛乳、小麦、側、ピーナッツなど)
  • 昆虫に刺されて毒などが体内に入る(スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど)
  • 薬を飲む、注射する、塗る(抗生物質、解熱鎮痛剤、ワクチン、麻酔薬など)

児童生徒に起きるアナフィラキシーの原因のほとんどは食物です。食物によるアナフィラキシー発現から心停止までの時間はわずか30分との報告もあり、大変危険な状態です。

エピペンはアナフィラキシーが現れた時に使用します。病院で医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。

注射薬ですので、いざという時に本人またはご家族が確実に打てるように普段からしっかり練習しておく必要があります。

当院はエピペンを処方可能な登録医療機関です。アナフィラキシーの既往のある方、その恐の高い方はお気軽にご相談下さい。