​インフルエンザ治療薬の予防投与

入試試験、資格試験、入社試験など大切な試験を控えている、どうしても風邪をひけない予定があるなど、人生にはどうしてもインフルエンザにかかりたくないという時期もありますよね。インフルエンザの方との接触を避けることが一番の対策ですが、家族や身近な人がインフルエンザにかかってしまう、そういうこともあると思います。

インフルエンザの発症を予防する切り札が、インフルエンザの治療薬を予防薬として使用する方法です。インフルエンザ患者との接触から48時間以内に予防投与することで、インフルエンザの発症確率を下げることができます。

予防投与を受けられる人(添付文書上の対象者)

添付文書では予防投与対象者は以下のように制限されています。

インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者であり、かつ下記の条件を満たす者:

  1. 高齢者(65歳以上)
  2. 慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
  3. 代謝性疾患患者(糖尿病等)
  4. 腎機能障害患者

添付文書上の予防投与対象でない方が予防投与を行った場合のリスク

受験生の方などは該当しないことが多いと思いますが、予防投与をしてはいけないわけではありません。上記以外の方に予防投与を行っても薬剤の安全性はある程度、確認されています。しかし添付文書上の予防投与対象範囲以外の使用となりますので、大きな副作用が出た場合、厚生労働省の「医薬品副作用被害救済制度」の対象外になる可能性があります。

予防投与開始時期

インフルエンザ発症者あるいはウイルス排泄期間(発症2日前から発症日まで)にある方と濃厚に接触した場合で、接触後48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与することが推奨されています。接触後48時間経過後に投与開始した場合の有効性は確認されていません。

予防投与の方法

タミフル

成人 オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間、経口投与する。
小児 通常、オセルタミビルとして以下の1回用量(2mg/kg)を1日1回、10日間、経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。

イナビル

成人ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを 1日1回、 2日間吸入投与することもできる。
小児10歳未満の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして20mgを単回吸入投与する。
10歳以上の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを1日1回、 2日間吸入投与することもできる。

投与中のインフルエンザを発症した場合の対策

予防内服中にインフルエンザが発症した場合には、医師の判断のもと、インフルエンザの感染時の「治療」を開始します。検査、処方の必要性は、診察した医師の判断となります。

費用

全額自己負担となります。

error:Alert: Content is protected !!